歯

矯正歯科での歯列をバッチリ整える|ニッコリできる歯をGETしよう

仕事に支障のない歯列矯正

歯医者

成人してから歯列矯正治療を受けたいと考える人は少なからずいるかと思います。しかし、そう考える人の多くは仕事に従事しており、歯列矯正治療の際に取り付けるブラケットといった矯正器具で治療を続けるのは難しいかと思います。ブラケットによる歯列矯正治療というのは、矯正器具がとても目立ってしまうため接客業等の人と関わるビジネスの場面で支障をきたしてしまうのです。近年の歯科技術によって、そういった問題を解決した矯正方法での歯列矯正治療を受けられるようになりました。その矯正方法というのは舌側矯正と呼ばれるもので、従来の矯正器具と異なった位置に矯正器具を取り付けます。
舌側矯正は裏側矯正ともいわれる歯列矯正治療でその名称の通り、歯の裏側に矯正器具を取り付ける治療法となっています。そのため、周りから矯正器具が見えることが一切なく、仕事に一切支障をきたすことがありません。しかし、この舌側矯正にはデメリットも存在します。そのデメリットというのは、従来の矯正方法よりも治療費用が割高になってしまうといった点と、取り付け初期には喋り辛い等の問題が発生することです。この喋り辛いというデメリットは、矯正器具を舌の当たる位置に取り付けるために発生します。取り付け後しばらくして慣れてくると、そういった違和感はなくなっていくので我慢が必要となるでしょう。そういったデメリットがあったとしても、周囲の目を気にすることなく歯列矯正治療を行なっていけるというメリットは大きいものかと思います。歯列矯正治療を受けようと考える際には、治療法の選択肢として舌側矯正を選ぶことをお勧めします。